検索
  • 陵亮 伊藤

【ツルのポーズ】ヨガチャレンジ

【ツルのポーズ・バカーサナ】


こんにちは(*^^*)整体×ヨガのプライベート隠れ家サロン【Refresh Labo R.I.T】整体師の伊藤です(^^) 今回は「片足をのばした鶴のポーズ」やり方紹介です!

鶴について

「鶴のポーズ」を極めるには、まずは心構えが大切となります。 というわけで、「鶴」について軽く勉強しましょう! ヨガとはほぼ関係ないので、興味のない方は「やり方紹介」まで とばしてください。。 現在では数も減ってきており天然記念物に指定されている ”長寿の象徴”(動物園で長生きな個体は50~80年生きるそうです) 鶴ですが、 日本においては”タンチョウ”という種が=ツルという認識なようです。




以下Wikipediaより

タンチョウ(丹頂[10]、Grus japonensis)は、鳥綱ツル目ツル科ツル属に分類される鳥類。その美しさから、日本や中国では古来深く親しまれてきた鳥である[11][12]。 タンチョウを含む鶴は、特に日本では折鶴、千円紙幣、昔話(鶴の恩返し)などで多く取り上げられてきた。一般的には単に「ツル」と言えばこの事を指す。自然言語においては「丹頂鶴」と呼ばれることもある。

長寿や美しさの象徴として文化的にも馴染みの深い”ツル”ですが、 なんと、昔は”珍味”として食用に捕獲されていた時もあったそうです・・・!

江戸時代には、将軍から天皇に献上されていた、 という記録も残っているそう・・・!

今となっては「鶴を食べる」って想像できないですが、、 どんな味なんですかね??(笑)

江戸末期に、日本に来て最先端の医学を伝えたとされる”シーボルト”さんによると 「ヨーロッパ人の口には合わない」という記録があるそう。。 クセが強い味なんでしょうね~



ちなみに、ヨガの発祥と言われるインドでは 「アネハヅル」や「クロヅル」など沢山のツルが生息しているそうです。 「ツルのポーズ」も「タンチョウ」ではなく、インドのツル達がモデルになっているのでしょうね! というわけで、ツルを学んだところで、やり方紹介です!


やり方紹介

その①



両手両足を床につき、つま先立ちになります。 この時、しっかりと太ももを身体に引き寄せ ”ワキにヒザを突っ込む”感じの体勢になります。 太ももを身体に引き寄せる動きは、お腹の奥、 ■腸腰筋 の活性化にもつながります(^^♪

その②



①の体勢から、重心を前に移動していき バランスをとって足を浮かせていきます! この時も身体に太ももを引き寄せたままです! コツは、ワキに深く膝を差し込むこと! 引っ掛けるような感覚がつかめるとやりやすいです! この状態でキープ!これが「鶴のポーズ」となります! 似たようなポーズで「カラスのポーズ」というのもあるようですが、 違うポイントは”肘を伸ばしている”ことだそうです! ということは、上の画像はどっちかというと「カラスのポーズ」かもしれません。。 本人はツルのつもりでやってますので、細かいことは、ご容赦ください! 鶴のポーズは出来るだけ肘を伸ばしきるように練習していきましょう!(^^♪

その③






「鶴のポーズ」が完成したら、 今度は片足を伸ばしてチャレンジしてみましょう! 通常の鶴のポーズよりも、 全身の筋力とバランス感覚が必要になってくるかと思います! ポイントは、 ■強く太ももを身体に引き寄せておくこと ■伸ばす側のお尻に力を入れしっかりと足をあげていくこと です! ※上の写真は少し肘曲がってますね・・・まだまだ鍛錬が必要です。。

■大殿筋、中殿筋などの臀筋群 ■ハムストリングス ■足を引き寄せる腸腰筋 ■バランスを支える腕の支持力 が大切になってきます!



その④ 難しい人は?


このポーズが難しい・・・!という方は まずは「カエルバランス」から練習してみるのがおすすめです(^^♪ しっかりと曲げた肘の上に、膝の内側・内ももをひっかけて 重心を前に移動していきます。 頭のところにクッションなどを置いて、 床に頭をぶつけないようにしてあげると練習しやすいと思います(^^♪ コツは、 肘に足をひっかけて乗せる感覚と、思い切って体重を前にかけることです! 是非挑戦してみてください(^-^) ちなみに、「カラスのポーズ」は 曲げた肘に膝を”正面から”のせるポーズのようです。 カエルバランスは内ももを乗せるのですが、 どちらも「鶴のポーズ」につながるポーズになりますので やりやすいほうで、段階を踏んで挑戦してみてください(^-^) 最後までお読みいただき、ありがとうございました!